アニメに関する色んなこととかをキリ抜きしたんです。 ネタバレ注意です。ブログトップへ
アニメ・ゲーム・声優系RSSアンテナRSS
SS系RSSその他RSS

革命機ヴァルヴレイヴ 2nd SEASON

【画像あり】革命機ヴァルヴレイヴ 第24話「未来への革命」 感想

image1[00000288]
image1[00000338]

スタッフ
脚本:大河内一楼/絵コンテ:松尾 衡、安藤尚也/演出:松尾 衡、安藤尚也/作画監督:鈴木竜也、澤田美香、今岡大、田村里美、戸井田珠里、鈴木卓也

あらすじ
エルエルフの手によって、ドルシア総統が不死のマギウスだったことが明かされる。だが101人評議会は瞬時に情報を統制、ハルトたちは敵の強大さを痛感する。 残る希望はヴァルヴレイヴのみ。しかしハルトは、ヴァルヴレイヴⅡを基軸としたカインの新型機に、圧倒的な力でねじ伏せられる。
孤立無援、絶対絶命の危機の中、エルエルフはハルトに、最後の賭けともいえる作戦を伝えるのだった……。

公式サイト
http://www.valvrave.com/

続きを読む

【画像あり】革命機ヴァルヴレイヴ 第23話「モジュール77奪還作戦」 感想

image2[00002022]
image2[00002065]

スタッフ
脚本:大河内一楼/絵コンテ:松尾 衡、亀井 治/演出:亀井 治/作画監督:小野早香、蘇武裕子、森山雄治、須永頼太

あらすじ
助けに駆けつけたサキのお陰で、ハルトたちはモジュール77の仲間たちと合流を果たす。しかし、ショーコたちとの間に生じた溝は埋まらないままだった。 それでもハルトは、カミツキと人間が暮らせる世界を作るため、モジュール77の奪還作戦を提案する。
ARUS・ドルシア連合軍の大軍勢に対し、決死の覚悟で出撃するハルトたち。一方、いち早く敵艦内に潜入していたエルエルフは、銃を構えたアードライと対峙していた。

公式サイト
http://www.valvrave.com/

続きを読む

【画像あり】革命機ヴァルヴレイヴ 第22話「月面の拳」 感想

image1[00000507]

スタッフ
脚本:大河内一楼/絵コンテ:大橋誉志光、松尾 衡/演出:園田雅裕/作画監督:本田敬一、長田伸二、安藤義信

あらすじ
疑念を抱えたショーコの心に、ハルトの声は届かなかった。追放されるように宇宙へ投げ出されたハルトとエルエルフ。犬塚の命懸けのサポートで、辛うじてハルトたちの入ったカプセルは月面に着陸した。
しかし、生きる意味を失ったエルエルフは、生き足掻こうとするハルトをあざ笑い、残酷な真実を告げる。一面何もない月の大地で、感情をぶつけ合う2人。それでも生きたいと叫ぶハルトの拳は、希望の光を掴む。

公式サイト
http://www.valvrave.com/

続きを読む

【画像あり】革命機ヴァルヴレイヴ 第21話「嘘の代償」 感想

image2[00001058]

スタッフ
脚本:熊谷 純/絵コンテ:松尾 衡/演出:うえだしげる/作画監督:中島 渚、加藤洋人

あらすじ
ドルシア総統によって、カミツキの秘密が暴かれた。さらに、101人評議会の情報操作により、ファントムによる殺人もハルトたちのせいにされ、世界は一気に彼らの敵に回る。
危険生物の駆除という名目の下、次々と殺されていく生徒たち。やむを得ず逃げ出したハルトたちだったが、モジュール77は既に大艦隊に取り囲まれていた。 そんな窮地に陥る中、一部の生徒たちがハルトを拘束する。ハルトを差し出すことで、自分たちだけ助かろうというのだが……。

公式サイト
http://www.valvrave.com/

続きを読む

【画像あり】革命機ヴァルヴレイヴ 第20話「暴かれたカミツキ」 感想

image1[00000636]

スタッフ
脚本:熊谷 純/絵コンテ:松尾 衡/演出:野亦則行/作画監督:今岡 大・澤田美香・崎山知明

あらすじ
月に戻り、久しぶりの再会を喜ぶ一同。だが地球に降りたことで失ったものも多く、ハルトがショーコへ向ける表情は暗い。エルエルフはリーゼロッテの死を受 け入れられず、一人抜け殻のようになっていた。それとは逆に、新生ジオールは好意的な取材報道により、世論の追い風を受けつつあった。ショーコらを支持す る気運も高まり、ドルシアに対抗するためのサミットがモジュール77で催される。しかしそれは、破滅への一歩に過ぎなかった。

公式サイト
http://www.valvrave.com/

続きを読む
トップ絵


Ovia様から素晴らしいトップ絵をいただきました!

あきひろ様から素晴らしいトップ絵をいただきました!
ブログ検索

Google
お問い合わせ
タグクラウド
このブログについて
このブログについて

更新情報をつぶやいてます
フォローしていただけると喜びます


ブログトップへ