アニメに関する色んなこととかをキリ抜きしたんです。 ネタバレ注意です。ブログトップへ
アニメ・ゲーム・声優系RSSアンテナRSS
SS系RSSその他RSS

百花繚乱 サムライブライド

【画像あり】百花繚乱 第十二話「剣妃、誕生」 感想

1372078932-0123-0002












スタッフ
脚本:西園悟 絵コンテ:斎藤哲人/中原れい 演出:佐藤清光 作画監督:りんしん/Chang Bun-chul

あらすじ
突如姿を現した怨霊“大剣鬼”は、他の者など見向きもせず、鎮護石の結界を破壊しようと江戸城へと向かう。
大剣鬼を止めない限り大日本に未来はないと、千姫たちは大剣鬼の行く手を阻もうとするも、大剣鬼にはマスターサムライの力をもってしても全く歯が立たず、敗れた千姫たちは大剣鬼の体に取り込まれてしまう。

ついに江戸城に到達した大剣鬼は、結界を破壊すべく江戸城に攻撃を開始する。
そんな大剣鬼を止めるべく、宗朗と十兵衛は大剣鬼の体内へと飛び込んで行くが…
大剣鬼の体内を突き進む宗朗と十兵衛の前に現れたモノとは!?

公式サイト
http://www.hyakka-ryoran.tv/

続きを読む

【画像あり】百花繚乱 第十一話「対決の刻」 感想

1371468829-0084-0002












スタッフ
脚本:西園悟 絵コンテ:斎藤哲人 演出:荻原露光 作画監督:しまだひであき/服部憲知

あらすじ
剣妃(サムライブライド)を生み出すにはリスクが大きすぎると考え、剣妃をあきらめようとする幸村たち。
だが、宗朗は試しもせずにあきらめるべきではないと主張する。そして、剣妃を生み出すために皆の気を集める宗朗がそれに耐えられるのかを試すことに。
しかし、十兵衛たちが宗朗に氣を注ぎ込むと、宗朗は苦しみだし、ついには倒れてしまう。
宗朗の体は、胤舜から受けた封印によって、皆の氣に耐えるどころか、命を落としかねない状態にまでなっていたのだ。
 一方、小次郎と又右衛門は、とうとう鎮護石の在り処を嗅ぎつけてしまう。
2人は、さっそく鎮護石の破壊を試みるのだが…。

公式サイト
http://www.hyakka-ryoran.tv/

続きを読む

【画像あり】百花繚乱 第十話「鎮護石の秘密」 感想

1370861362-0120-001












公式サイト
http://www.hyakka-ryoran.tv/

続きを読む

【画像あり】百花繚乱 第九話「新たな剣姫」 感想

image2[00000229]












スタッフ
脚本:西園悟 絵コンテ:島津裕行 演出:小柴純弥 作画監督:Chang Bun-chul

あらすじ
通り魔の正体は、四剣鬼(ダークサムライ)の一人、胤舜なのでは? と疑い始める宗朗たち。
だが、胤舜が犯人では無いと信じる十兵衛は、道場から走り去ってしまう。
一方で、自分の無力さを知った半蔵と又兵衛は、今度こそ剣姫(マスターサムライ)となるべくキスの特訓に励むが…。
道場で十兵衛の帰りを待つ宗朗たち。
しかし、十兵衛はなかなか戻らず、皆が本気で心配し始めたその時、胤舜発見の報が届く。
急ぎ向かう宗朗たちの前に現れたの件の通り魔であった。執拗に千姫を狙う通り魔。
その狙いは“鎮護石”と呼ばれる物の在り処であった。

公式サイト
http://www.hyakka-ryoran.tv/

続きを読む

【画像あり】百花繚乱 サムライブライド 第八話「謎の影」 感想

image1[00004734]












スタッフ
脚本:西園悟 絵コンテ:渡邊哲哉 演出:荻原露光 作画監督:しまだひであき/服部憲知

あらすじ
“剣妃(サムライブライド)”の情報を入手するため、徳川の別荘を訪れていた幸村と又兵衛は、その帰り道、通り魔に襲われてしまう。
通り魔に捕らえられ身動きが取れなくなってしまった幸村たちであったが、気づくと通り魔の姿は無くなっていた。
幸村は通り魔への復讐を誓うが、又兵衛は通り魔に対して何もできなかった自分の不甲斐なさに悔しさをかみしめていた…。

一方、氣を操る修行を行っていた十兵衛と佐助であったが、何かを感じ取った佐助は、急に走り出してしまう。
佐助を追いかける十兵衛がたどり着いた先には、四剣鬼(ダークサムライ)の一人、宝蔵院胤舜がたたずんでいた。

公式サイト
http://www.hyakka-ryoran.tv/

続きを読む
トップ絵


Ovia様から素晴らしいトップ絵をいただきました!

あきひろ様から素晴らしいトップ絵をいただきました!
ブログ検索

Google
お問い合わせ
タグクラウド
このブログについて
このブログについて

更新情報をつぶやいてます
フォローしていただけると喜びます


ブログトップへ