cap (292)

あらすじ
戦いは終わった。
信女たち見廻組と、近藤たち真選組は、自らの強い信念に命を捧げた佐々木異三郎の生き様に敬意を評し、その死を悼む。
銀時たちは江戸に戻ったが、街の様子はすっかり変わってしまっていた。
警察組織は崩壊し、多くの侍たちが出奔し、倒幕の気運が高まりつつあった。
そしてその変化に呼応するように、真選組は新たな一歩を踏み出そうとする…。

公式サイト

続きを読む