アニメに関する色んなこととかをキリ抜きしたんです。 ネタバレ注意です。ブログトップへ
アニメ・ゲーム・声優系RSSアンテナRSS
SS系RSSその他RSS

僕だけがいない街

僕だけがいない街 第12話「宝物 」 感想【キャプ画像あり】

cap (231)

スタッフ
脚本:岸本 卓
絵コンテ・演出:石井俊匡
作画監督:佐々木啓悟・横田匡史

あらすじ
小雨が降る病院の屋上で、悟は八代と対峙していた。
「俺の記憶は戻っているぞ」と言い放つ悟だが、八代はまったく動じない。
全てを読み切った上で、悟に罠を仕掛けていたのだ。
八代のシナリオは、悟の新たな友人・久美の点滴に筋弛緩剤を混入して殺害した上で、悟をその実行者に仕立ててから殺すというものだ。
ついにチェックメイトか――。
だが、静かに勝利を宣言したのは悟だった。
そして彼は唐突に、自らの手で屋上の縁に車椅子を進めて行く…。
間一髪、それを掴み助けたのは…他ならぬ八代だった。
彼は告白する。
悟がいるからこそ、自分は生きている実感が持てるのだと。
それを認めた上で、悟を放し屋上から取り落とした八代は、自らも飛び降りようとする。
だが、彼が眼下に臨んだ視界の中には、救助マットの上で微笑む悟とその仲間の姿があった――。

公式サイト

続きを読む

僕だけがいない街 第11話「未来」 感想【キャプ画像あり】

cap (181)

スタッフ
脚本:岸本 卓
絵コンテ:江崎慎平
演出:星野 真
作画監督:伊藤公規

あらすじ
悟が冷たい水の底に沈んだ日から年月は流れ、2003年。
九死に一生を得たものの昏睡状態となった彼は、ついに目を醒ます。
15年もの間眠り続けていたという事実と、事件にまつわる記憶が失われていることにショックを受ける悟。しかし献身的に悟に尽くし、過去の話題を避けているような素振りの佐知子を見て、「あえて思い出さなくていいのでは?」とも思うのだった。
そんな彼のもとに、赤ん坊を抱いた一人の女性がやってくる。
かつて、悟がその生命を未来へとつなげた少女−−雛月加代だった。
感極まり、祝福の言葉を贈る悟。それをきっかけとして彼はリハビリの量を倍にし、必死の努力を重ねていった。
季節は秋。
悟は院内で知り合った久美という少女と友人になっていた。
骨髄移植に不安を覚える久美を励ます悟。
そんな二人のもとに、あの帽子の男・西園が現れた。
彼は自身がかつて5年4組の担任だった八代学であることを明かすのだった……。
八代や久美と交流を続けながらリハビリの日々を過ごす悟。
だが身体の回復と対照的に、彼の記憶は閉ざされたままだ。
久美の手術を目前に控えたある日、彼女の病室で八代と鉢合わせした悟は、誘われるまま屋上に向かう。
雨が滴る中で15年前の懐かしい思い出を語り始めた八代。
だが、突如悟は強い意志を秘めた瞳を向ける。

「八代、俺の記憶は戻っているぞ――」。


公式サイト

続きを読む

僕だけがいない街 第10話「歓喜」 感想【キャプ画像あり】

cap (90)

スタッフ
脚本:岸本 卓
絵コンテ・演出:鹿間貴裕
作画監督:前田学史

あらすじ
次の被害者となる中西彩のひとりぼっちをなくすため、彼女に声を掛ける悟たち。
最初は取り合わなかった彩だが、カズの一言がきっかけとなり、悟たちのアジトへ顔を出すようになる。
ヒロミも含め、殺されるはずだった三人は犯人のターゲットから外れた。
だが、悟には「犯人は代わりに誰を狙うのか」が気にかかる。
最近クラスで浮きがちだった美里がひとりぼっちになるのを防ごうとする悟。
アイスホッケー試合会場の美里を尾行していると、彼女の姿が突如消えた。
慌てた悟は担任の八代に頼みこんで不審なトラックを追うがその先には…。

公式サイト

続きを読む

僕だけがいない街 第9話「終幕」 感想【キャプ画像あり】

cap (45)

スタッフ
脚本:岸本 卓
絵コンテ・演出:伊藤智彦
作画監督:徳野悠我

あらすじ
3日にわたる行方不明の期間を経て、自宅へと戻る雛月。
母親である明美は、彼女の後ろに控える悟・佐知子の姿を見て、怒りのあまりシャベルを振り回す。
間一髪、その一撃を避ける佐知子。
そして見計らっていたように、児童相談所の職員と八代が現れた。
雛月の一時保護を伝える職員に明美は反発し、警察に行くと息巻いた。
3日間の誘拐を警察で話されると悟たちが不利になる…そんな状況の中、八代が連れてきた誰も予期せぬ人物が、事態を急変させる……。

公式サイト

続きを読む

僕だけがいない街 第8話「螺旋」 感想【キャプ画像あり】

cap (134)

スタッフ
脚本:安永 豊
絵コンテ・演出:こさや
作画監督:古住千秋

あらすじ
自宅に帰らずに廃バスの隠れ家で過ごす雛月と、それをサポートする悟たち。
雛月を自らの手で失踪させ、警察や役所の介入を招くことで母親や誘拐犯から遠ざける、それが悟が描いたシナリオだ。
悟やケンヤの予想より周囲の大人たちの反応は鈍く、不登校が続く雛月に対して対策が成されぬまま数日が過ぎる。
佐知子や八代だけが悟の行動の変化から事態に気がつき始めていた。
そしてある夜に隠れ家にやってきた大人の男、その人物が遺した段ボール箱の内容を見た悟は戦慄する…

公式サイト

続きを読む
トップ絵


Ovia様から素晴らしいトップ絵をいただきました!

あきひろ様から素晴らしいトップ絵をいただきました!
ブログ検索

Google
お問い合わせ
タグクラウド
このブログについて
このブログについて

更新情報をつぶやいてます
フォローしていただけると喜びます


ブログトップへ